「requests.get()」時に設定しておくべき、エラーのチェック方法。


「requests.get()」を実行した際、実際にダウンロードが成功したのか、失敗したのを把握する必要があります。

そのために「res.status.code」で確認する必要があります。

しかし、「res.status.code」を使用すると自分自身でダウンロードに成功したのか、失敗したのかを確認する必要あります。

エラーが発生したまま、「res.status.code」の以下のプログラムを実行しないように、「requests.get()」を使用する度に確認しなければなりません。

ですが、確認の度にプログラムを停止させたくないですよね。


そのために「raise_for_status()」を呼び出します。このメソッドはダウンロードに成功していれば、何もしませんし、ダウンロードに失敗すれば、プログラムを停止してくれます。

「requests.get()」を呼び出したら、「raise_for_status()」メソッドもセットで使用した方が良さそうです。

退屈なことはPythonにやらせよう ―ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング